fbpx

CONTENTS

CONTENTS

シリーズ オリーブ農園レポ【COLONNA】

喧騒から離れたオリーブの樹々のしたたる南モリーゼとプーリアの州境。
歴史深い街並みと風景を抜け、田舎の小道を走るとそこは、コロンナ家のマッセリア(農園領主の館を利用した宿泊施設)があります。

コロンナのオリーブオイルの歴史は、常にこのマッセリアと共にありました。

Moliseの緑の丘を越え黄金の緑色に色づいたオリーブの樹々と黄色い麦が一面に広がる原野。まるで中世にタイムスリップしたかのようですね!

この農園は、古くは1800年代から歴史がありますが、コロンナのオリーブオイル製造は1996年にマリナ コロンナが父からこの農場を受け継いだことからスタートしました。

海抜120mに180 ヘクタールの土地に多くの品種のオリーブの樹々や果物、野菜等が栽培され、しかも大多数が有機栽培です。何といっても、品種の多さには圧倒され、生でも食べられるオリーブのPeranzana (ペランザーナ)種を含めて15種類も育てて居ます!なかでも、この農園で採れたフルーツを使ったオリーブオイル【フレーバーオイル】は有名で、非常に人気があります。

【収穫】
この農場では、長いくし竿のようなもので収穫を行っており、オリーブの実は樹を揺らして実を傷めないようにネットで集めます。 品質のチェック等にも余念がなく、数人のエキスパートが各工程に於いて丹念に集荷と製造の作業を助けております。

【搾油】
採ったオリーブの実は、種を取り、ミルによってペースト状にして温めながらじっくりと時間をかけて液状にしていきます。この時の温度管理が非常に重要で、このオイルの質や香りに影響してきます。この際にとれる水分は、農業用水として使われます。 収穫してから12時間以内に瓶詰めされます。

オリーブの手入れの主な季節は、主に冬で、この手入れが再び樹々に生命の活力を与えます。夏の間の手入れは選別された樹々に行われ、酷暑の続く月はその実と後の樹々のあらゆる成長の為に重要なものと成ります。 ここ南イタリアで云われ続けられているのが、【良い実は良い土地に成る】です。

そして、10月です。収穫の期間に採れるオリーブの実だけに含まれる、高度のポリフェノールの含有率が、イタリアでは長寿の秘訣ともされ、愛されている一つの特徴でもあるんです!

【おまけ】評価の高いマンダリンオイルを使った調理レシピです!!おいしそうですね!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。