EMSって本当に効果が有るの?
注意点
3つ!


目次
1.根拠(エビデンス)がしっかりと有るのか
2.どのように販売されてきているのか
.歴史があるのか

👇アブトロニックを例に取って解説👇
ーーーーーーーーーーー

1.根拠(エビデンス)がしっかりあるのか
 ⇒
効くものもあれば、効かないものもある!!
結局これにつきる
ブランドによっては、確たる研究論文に基づいて設計されており、
特定の周波数、出力とパターン(インターバル)を組み合わせることで
任意の結果を導き出している。

  ☆ 例えばアブトロニックの場合は、ドイツスポーツ大学のEMS権威  ☆
   アインツ・クライン(Heinz Kleinoder)博士の研究に論拠を置いている。
   この論文では、200以上のEMS機器を比較検討して、最も効果のある
   周波数を導き出している。この研究値である50~70Hzを特定の出力と
   パターンでモード設定しているのが、アブトロの強み 





2016年のEMSシンポジウムで講演するドイツのアインツ・クライン博士

2.どこで販売されているのか
 ⇒
信頼できるチャネルや店舗かどうか
そのEMS商品がどこで販売された実績があるのかも、見極めの大切なポイント

一般的にTVは厳しい考査があるし、大型家電量販店もしっかりした検品があるため、
そのようなチャネルで販売された実績のある商品かどうかがカギ

☆例えばアブトロニックはTV、大手家電量販店、インターネットなどで販売されてきた☆


3.歴史がしっかりあるのか
 ⇒ブランドは時の洗礼で築かれた

EMSの歴史は意外に古く、1960年頃からヨーロッパで始まり、今まで多くの研究論文が書かれている。
本格的に商業化されたのはちょうど2000年前後で、やはり歴史があるブランドはそれなりの技術がある。

☆例えば、アブトロニックはデビューした2000年から今(2019年)に至るまで、世界100か国以上で継続して愛用されている



世界中でTV、実店舗、インターネット販売を行ってきたブランドはアブトロニックだけ


以上、アブトロニックを例にしたが、他にも類似した機能の低周波治療器や、まだ日本ではメジャーでないプロ仕様のEMSなど、研究すれば色々ある

EMS自体の効果としては、筋肉運動。
これによる筋肉増加、血流促進、さらに痛み解消など、数々の研究がある


ーーーーーーーーーー

現在、アマゾンでは個人直輸入としてのみ、アブトロニック × スポーツエレックが入手できます。