fbpx

origin

産地別で選ぶオリーブオイル

カサリーヴァ種、フロントイオ種、レッチーノ種【46パラレッロ GREENラベル】

【46パラレッロ GREENラベル】エクストラバージンオリーブオイル

46パラレッロ GREENラベル【エキストラバージン オリーブオイル】
created by Rinker

【商品情報】

複雑なテイストとアロマが楽しめます。 優しく適度な苦みと辛みを持ち、青々しい香りと爽快感を感じる素晴らしいオイル。 すっきりとした中にピリッとした辛みと苦みが感じられます。ミディアムフルーティーで、グリーンアーモンドを思わせる魅力的な香りです。

【特徴】

まだグリーンで、早い段階で摘み取られて圧搾された、さまざまな品種のブレンドで、緑色のラベルは天然のグリーンを意味し、早い段階で摘み取って圧搾した3種類の品種のブレンドです。 

【使い方】

食品の風味を損なわないので、湖の魚や生野菜によく合います。ほかにも、肉のカルパッチョ・茹でた野菜・生野菜・ステーキ・焼き魚などに相性が良いです。

【内容量】

500ml

【原材料名】

オリーブ

【オリーブの品種】

カサリーヴァ種、フロントイオ種、レッチーノ種

【保存方法】

直射日光を避け常温にて保存してください。

【容器の形状】

遮光瓶ボトル

【原産国】

イタリア

【生産地】

ガルダ湖

【生産者】

【フラントイオ・ディ・リーヴァ(FRANTOIO DI RIVA) 】 1926年、ガルダ湖上流での農業の促進と支援を目的として、「リヴァ・デル・ガルダ農業協会」が誕生しました。 組合設立時より情熱を持った80の組合員によって運営され、1965年に製油所の活動が始まりました。オリーブを提供する協力栽培農家は密接に結びつき、メンバーは300人にもなります。 合計約300ヘクタールの畑には、12万本のオリーブの木がなり、そのオイルの生産量はガルダ・トレンティーの65%を占める割合になります。

【ストーリー】

オリーブ栽培の北限を意味する 北緯46°(パラレッロ)と名付けられた、ガルダ湖で採れるオリーブを使ったオイルです。 この厳しい環境の中で育ったオリーブは独特のスパイシーさを持ち、非常に特徴的です。 生産農園は、ガルダ湖のほとりにあるトレンティーノ アルト アディジェにあります。アルプスの厳しさを和らげるガルダ湖のそよ風は、この地域でオリーブの木を栽培するのに最適な環境です。独自の岩石であるドロマイトに囲まれた地形と、地中海のオアシス的立地である気候が幸いし、ここで生産するオリーブオイルは国内および国際的な最高賞を獲得し、独特の特徴を持つ非常に貴重なエクストラバージンオリーブオイルとなっています。
1965年に設立された石油工場は現在、革新的プラントであり、カスタマイズされテストされた技術的変更によって絶えず更新を続け、今では最先端でトレンディなモデルになっています。1998年には、DOPガルダトレンティーノエキストラバージンオリーブオイルを生産し、2009年以来、有機生産の認定を受けています。

【Prime SHOPからのコメント】

このピリッとした感じが大好きな方、ヤミツキです!非常にクセがあるので、食べ慣れていて青臭さが好きなユーザーにお勧めです!