fbpx

CONTENTS

CONTENTS

イルボッカローネの店構え

素材にこだわる恵比寿の名店でランチ【イルボッカローネ】に行ってきました。

手間暇と愛情のこもった素材を求めて

恵比寿駅の1階から徒歩5分程度、恵比寿東公園の横に佇む名店【イルボッカローネ】。イタリア中部のトスカーナ地方の山岳料理を出すこのお店は創業31年というイタ飯ブーム以前からあります。イタリア食文化は、特に地域ごとで全然味も雰囲気も違いますので、このように地域特有の味付けにこだわるレストランは少なくありませんが、今回はさらに、素材にまでしっかりこだわる名店でランチをしてきました!

イルボッカローネは、なんとパルメジャーノリゾットの発祥の店でもあるです。でも、すごいのはそれだけではないんです。

この普通ではない佇まい。店内も凄いです。

店内に入ると、そこはまるでイタリアのトラットリアそのものです!このカジュアルな雰囲気と気軽さ。そして細部にまでこだわった作りと小物が、イタリアに居る錯覚にさえ覚えます!このクラシックな外観に裏打ちされるように、イルボッカローネの料理はトスカーナらしい『伝統の料理』だと感じます。この素材に重きを置いた、クラシカルで安定した味と雰囲気がファンを引き付けるのでしょう。

ランチにはいつもサラダがついていましたが、今回初めて気がついたのが、毎回微妙に違う野菜が乗っている事です。今回は新鮮なケールが乗っていて、サラダ好きの私も大満足♪ビネガーの酸味が効いたドレッシングが印象的でした。

聞くところでは、毎週新鮮な野菜が契約農家さんから週替わりで入っているようで、地域貢献の意味も込めて国内産をセレクトしているそうです。

そして、私が一番オススメするのが、このサンダニエーレの生ハム!! なめらかでとろける舌ざわりと、素晴らしい塩加減。なんと18ヵ月も熟成しています!一口で食べてしまうのが勿体ないくらいです。このように手間暇かけて作るのが、スローフードの醍醐味!!即席で作れる味わいでは無いのです!

イタリアの生ハムはパルマとサンダニエーレが有名ですが、イルボッカローネではサンダニエーレの塩分少な目でまろやかなハムが出ています。このハムはイギリスのチャールズ皇太子夫妻やローマ法王が好んで食べている高品質なものなんです。

次にオーダーしたのが燻製カジキマグロのカルパッチョ。ビーツとルッコラが乘っていました。
レモンを絞ってたべると、熟したビーツの甘みとルッコラの程よい苦み、そして燻製したカジキマグロの香ばしさとが相まって最高のハーモニーを奏でます!

そして、イルボッカローネ名物のパルメジャーノリゾットです!とにかく素晴らしいチーズの豊かな香りと、塩加減!!胡椒の塩梅も最高でした!

そして、今日のパスタはアサリと菜の花のリングイネでした!
こちらも菜の花の苦み、アサリの汁がタップリ効いたスープのコントラストが最高に美味!!

デザートは、大好きなティラミス☆
甘みとカカオの苦み、そしてしっかり冷蔵された舌ざわりで大満足しました。
ランチは12時から2時までだったので、少し急ぎ足で平らげました。

イルボッカローネというこの耳障りの言い魔法のような言葉ですが、イタリア語で大口という意味らしいです。みんなで集まって、会話を楽しみながら美味しい料理を沢山食べるという意味からのネーミングだそう。今回はコロナで店員さんもマスクをして、お客さんも控えめでしたが、美味しい料理を食べて、私も笑顔!店員さんもマスクの下は気持ちいい笑顔でした♪

短いランチタイムでも、じっくりと時間をかけて作られた素材を愛情込めて作った料理を堪能できます。

またすぐに食べに行きたくなる名店です。

お店の詳細情報

IL BOCCALONE
ジャンル:イタリアン
アクセス:JR埼京線恵比寿(東京都)駅東口 徒歩3分
住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-9(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 恵比寿×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2021年2月20日

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。