fbpx

編集長 石田圭の記事一覧

オリーブの葉の効果
COLUMN

オリーブサプリ【オリーブリーフの効果3選】

近年、健康効果で注目されるオリーブの葉サプリ『オリーブリーフ』ですが、どんな効果が期待できるのでしょうか。今回はオリーブリーフサプリの効果を3つご紹介します。 オレウロペインが有効成分 地中海沿岸を原産とするオリーブは、古来より様々な料理に使われてきました。オリーブは、絞ってオイルにしたり、海水漬けにしたり...

COLUMN

『酸度が低いオリーブオイル』を選ぶ【㌽3選】

・オリーブオイルの酸度とは何か?・酸度が低いオリーブオイルは何が良いのか?・どのようにして酸度が低いオイルを見極めればいいのか? おすすめのポイント3つを紹介します。 オリーブオイルの酸度とは 『酸度』とはオリーブを実からオイルに加工する際に生じる遊離脂肪酸が含まれる割合を表す数値です。この遊離脂肪酸が多い...

ビスボッチャの玄関
レストラン紀行

イタリア政府が公式に認めた広尾の名店【ラ・ビスボッチャ】に行ってきました。

イタリア食材のプロに聞いても、ここは美味しい!と口々に答えるこのお店。お料理の種類や調理方法だけでなく、素材もピカイチのこの名店に、今回はお邪魔しました。 王道の味を求めて 地下鉄広尾駅の1番出口から徒歩15分程、美しくも繊細に作りこまれた花壇が目に留まります。必ずしも駅近とは言いがたいこの場所に、素晴らし...

肝機能を改善
COLUMN

【オリーブオイルとレモン汁が肝機能を劇的に改善する】理由3つ

肝機能が弱まると、体内から老廃物が排出できなくなり、その結果浮腫み、シワ、タルミから始まり、ひどい場合には悪性の腫瘍などで健康を害して病気になる可能性すらあります。また、肝臓は食物から摂取する栄養を貯蔵し、必要な時に供給するという重要な働きもしますので、その面からも生命の維持には不可欠な臓器です。今回は、こ...

非加熱のオリーブオイルを飲む
COLUMN

オリーブオイルを【非加熱】で飲むべき3つの理由

オリーブオイルを毎日『生で』飲むと健康にいいとの話は頻繁に耳にしますね。実際に有名女優やモデルさんを中心にオリーブオイルを愛飲している方は多いようです。今回はどのような健康効果があるのかと、選び方を紹介します。 理由1:非加熱オイルは消化管の汚れを滑り落とす 最近の研究では、非加熱のオイルを摂取すると、消化...

COLUMN

オリーブオイル『健康効果5選』

なぜオリーブオイルはほかの油と違って体に害がなく健康効果があるといわれるのでしょうか?その理由と健康効果をまとめました。 ほかの油と違ってオリーブオイルだけが健康にいいと言われる理由 本物のエクストラバージンオリーブオイルはオリーブの果実そのものを搾った後に、油分を分離させただけの果汁で、 いわばオリーブの...

バージンオイルとの違い
COLUMN

【オリーブオイルの違い】『エクストラバージン』とただの『バージン』の違い

抑えるポイント2つPOINT1  バージン=  『最初の1回目に絞ったオイルで、精製されていないもの』POINT2  『エクストラバージン』= 酸度の基準など、複数の基準を満たしたバージンオイル バージンオイルの意味 オリーブオイルがバージンであるためには、何度も絞ったオリーブではなく、...

ポリフェノール濃度
COLUMN

ポリフェノールが多いオリーブオイルは内陸部で生産される?

なぜ『内陸部には高ポリフェノールのオリーブオイルが多い』と言われるのか 歴史的背景イタリアは元来、料理のシーズニング(味付け)にはオリーブオイル(北部はバター)、塩、ハーブが中心で、今ではイタリア料理には欠かせない胡椒ですら、外国から輸入する必要がありました。 そこで、肉の臭み消しや味付けにオリーブオイルや...

ポリフェノールの高いオイル3選
COLUMN

【徹底比較】若返り効果ポリフェノールの多いオリーブオイルのおすすめ人気3選

前回の記事では、ポリフェノール抗酸化作用だけでなく、実は抗菌作用があると記載しましたが、今回は、オリーブオイルのポリフェノールの多さの観点から、産地、品種、収穫時期をオススメランキング形式で紹介します! 第一位:トスカーナ産【モライオーロ種、フラントイオ種、レッチーノ種】 トスカーナはイタリア中部にある州で...

マンドラノーヴァのオリーブ農園
農園レポ

シリーズ農園レポ【マンドラノーバ】

美しいシチリアの丘の上から シチリア島の丘の上。海から数マイルの丘の先には樹齢数百年のオリーブの木と、若い木々が自生しています。傍にはアーモンドの畑が広がり、そこはまるで緑のオアシス。ここにマンドラノーバの農園があります。 インスピレーションの地 この場所は、イタリアの公爵・作家であるジュゼッペ・トマス・デ...