fbpx

CONTENTS

CONTENTS

肝機能を改善

【オリーブオイルとレモン汁が肝機能を劇的に改善する】理由3つ

肝臓の良く知られた働きの一つに、有害な物質を解毒して、体の外に出す働きがありますが、この肝機能が弱まると、本来肝臓が解毒していたはずの老廃物が排出できなくなり、体内に残ります。その結果中性脂肪が増えていくことに加え、疲れやすくなったり、浮腫み、シワ、タルミから始まり、ひどい場合には悪性の腫瘍などで健康を害して病気になる可能性すらあります。そもそも肝臓は、血液の循環においてとても重要な役割を果たします。食物から摂取する栄養を分解し、体が使える栄養素に作り変えるだけでなく、栄養を貯蔵し、必要な時に供給するという重要な働きもするため、生命の維持には不可欠な臓器と言えます。今回は、この大切な臓器である肝臓の機能を改善するためにオリーブオイルとレモンが効く理由を3つ紹介します。

理由1 相乗効果がある

オリーブオイルとレモンは、同時に摂取することで効果が倍増するため、オリーブオイルのオレイン酸によるコレステロールを減らす働きと、レモンの中性脂肪の値を下げる働き(後述)に相乗効果があると言われています。

理由2 クエン酸効果

レモンに含まれるクエン酸には肝臓細胞の再生や分解を促進する働きがあり、体内から毒素を排出する作用があります。また、クエン酸には胆汁の分泌をスムーズする効果があります。特に脂質が多い食事ほど消化をするためにはより多くの胆汁が必要になるため、レモンは油との相性が良いのです。また、レモンのクエン酸はカルシウムの吸収を助けることで、骨密度を改善する事でも知られています。またそのほかにも、レモンやオリーブオイルには抗酸化作用があり、美容の面でも優れているため、髪や爪、アンチエイジングにも有効です。また、健康な髪を育て、ふけの予防にも良いとされています。

理由3 エリオシトリン効果

三重大学の研究チームの発表によると、レモンに多く含まれる「エリオシトリン」と呼ばれる成分が中性脂肪を減らし、さらにミトコンドリアの生成を活発にすることで脂肪肝の抑制をすることが判っています。

肝臓は、何かの不具合が起こっていても症状に表れにくいことから「沈黙の臓器」とも呼ばれています。また、肝臓の酸化は全身の老化につながるため、日々のメンテナンスを大切にしたいですね!

オリーブオイルとレモンを混ぜて飲むだけ

オリーブオイルとレモンを混ぜて飲むだけ

具体的に、どれくらいの分量を取ればいいのか?というと、以下の目安です。
・オリーブオイル…大さじ1杯
・レモンの果汁…大さじ1杯(好みに合わせて、それより若干少な目もOK)

できれば、朝食の30分程前に飲むとよいそうですが、そのまま朝のサラダドレッシングに使うのも良さそうです。できれば毎日、少なくとも1週間に3回は続けると効果的だとの事です。また、飲みにくい場合は、水に溶かして飲むこともオススメです。

選び方のおすすめ

選び方のおすすめ

オリーブオイルはエクストラバージンオリーブオイルを選ぶと良いです。ただのバージンオイルに比べて、エクストラバージンオリーブオイルの健康効果は比ではないため、できるだけ純粋なエクストラバージンオリーブオイルを選ぶと良いでしょう

また、エクストラバージンオリーブオイルは地方や品種によって味が大きく違います。ピリッと辛いオイルでポリフェノール濃度が高いものや、逆に甘くて飲みやすいようなものまで多々ありますので、ぜひお好みのオリーブオイルを見つけてみて下さい。

また、エクストラバージンオリーブオイルの農家さんでも、同じ農園でレモンを育てていたりして、その果実を一緒に絞ったオイルも販売する所もあります。このようなオイルは最初からレモンの素晴らしい香りがして、本当にレモンを絞っただけなので、ご家庭で使うのにも大変便利です。これらは『フレーバーオイル』や『エクストラバージンフレーバーオリーブオイル』または『レモンオイル』などの名称で販売されていますので、これらを買うのもおススメです。

レモンとオリーブオイルのミックスは、健康面だけでなくても最高においしいですので、カルパッチョや白身魚のグリルなどに使ってみては如何でしょうか。舌も体も喜びますので、大変おススメです。

チェトローネ【レモン入り】エキストラバージン オリーブオイル

今回の記事の動画版(YouTube)は以下で見れます!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。