fbpx

CONTENTS

CONTENTS

バージンオイルとの違い

【オリーブオイルの違い】『エクストラバージン』とただの『バージン』の違い

抑えるポイント2つ
POINT1  バージン  『最初の1回目に絞ったオイルで、精製されていないもの』
POINT2  『エクストラバージン』= 酸度の基準など、複数の基準を満たしたバージンオイル

バージンオイルの意味

バージンオイルは精製をしていない

オリーブオイルがバージンであるためには、何度も絞ったオリーブではなく、あくまで、最初の一回目である必要があります。農園さんが愛情をこめて育て、せっかく収穫したオリーブですから、何度も搾りたくなる気持ちもわかる気がしますが、オリーブは傷ついたり、空気に触れる時間が長くなるほど酸化が進んでしまい、品質が劣化します。そこで、バージンであるといことは、それなりの品質を担保するものです。

ちなみに、オリーブオイルを「搾る」工程は一般的に以下のステップです。
1、摘んできたオリーブを洗浄する
2、潰してペースト状にする
3、圧力をかけ、遠心分離機(上の写真)などを使い、オリーブの果汁を抽出
4、澱を取るために濾過
この抽出しただけの4つのステップ(この後に精製していない)までが、「バージンオイル」になります。まさに搾りたてのオリーブジュースのようで、栄養たっぷりなうえ、化学薬品などを使用していないため非常に健康的です。

なお、よほど品質のいいオリーブ以外はクセが強かったり、酸度が高すぎたりしますので、絞った後に精製する必要があります。しかし、オリーブオイルが『バージン』であるためには、精製をするのも許されません。

中でも更に品質の良いものが『エクストラバージン』になる


『エクストラ』とは、バージンオイルの中でも酸度が低いものだけを差し、もちろん精製はしません。『エクストラバージン』の定義は、国や機関によって多少の差がありますがが、国際オリーブオイルカウンシル(IOOC)によると酸度0.8%以下となっており、世界の多くの国々がIOOCに加盟し、その基準によってオリーブオイルを区分けしています。さらに細かく言うと、品質が高い順に【エクストラバージン(酸度0.8以下)】<【バージン(酸度2%以下)】【オーディナリー(酸度3.3%以下)】ランパンテ(酸度3.3%以上)】という分類になります。これからもわかるように、エクストラバージンオイルの酸度がこれだけ低く、オイルが劣化しにくい上に、大変体に良い有効な成分がたっぷり入っています。

日本で販売されているエクストラバージンオリーブオイルもIOOCの基準に合わせている物も多いですが、残念ながら基準に満たないものもエクストラバージンとして売られています。その理由は、日本はIOOCに加盟せず、JAS(日本農林規格)の基準に合わせて『エクストラバージンオリーブオイル』の呼称を区分けしているからです。
そこで、間違いなく上質のオイルを選ぶには、イタリアなどIOOC加盟国からの輸入品で、かつボトルにしっかりと『エクストラバージン』の呼称のついたものが安心だと思います。

エクストラバージンはすごい

上記の通り、エクストラバージンの規定は一つではなく、世界的に統一規定されているものはありませんし、時代によっても変わっています。当然、大昔は農園さんごとに味と品質を追求し、外部機関が酸度を数字的に計ることもありませんでしたが、現代では『エクストラバージン』が規定されて、厳選されたオイルが明確に判るようになり、消費者としても商品を選びやすくなったと思います。
また、近年は本場イタリアのポリフェノールが豊富に含まれるオイルも入手しやすい環境になりました。

皆様もぜひ、お気に入りのエクストラバージンオリーブオイルを見つけてもらえたらうれしいです!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。